<< ツアー締めくくり!!下北沢ラカーニャ!! | main | ええ日 >>
10月21日ツアーファイナル下北沢ラカーニャ。
ライブの後はなんとなく早起きしてしまうので、起きてすぐ、選挙へ。今池上彰さんみながら、そーかー、世の中はそんな感じなのかー、と自分の頭の中との違いを感じてます。 と、いうわけで昨晩のライブ。




雨が続いて出かけるのが面倒な夜に、下北沢ラカーニャにおいでくださった皆様、ありがとうございました。 ツアーの成果垣間見えたかなー? 選挙後、久しぶりに「いい二度寝」ができて、今回のツアーや昨日のライブのことを考えていたら、あることを思い出しました。 その昔、石田長生さんの「Boninの島」発売記念のライブにゲスト出演した時のリハーサルにて、 石田さんが、私のことを当時「師匠」と冗談で呼んでいて、スタジオ内には関西の名だたるミュージシャンがズラー!私のことなんか誰も知らない、知る由も無い中石田さんは「師匠でーす!」って紹介したりして、私は心の中で「やめてくれー!!」「今日だけはマジでやめてくれー!」と、さすがに震え上がって顔を引きつらせたままリハーサル開始。 イントロの長さをどうするか?適当なところで入るか?みたいな話になり、「適当なところではいります」と震える声で私がいうと、石田さんが、「せや、師匠バンド出身やもんな、ええところで入ってな」と発言したとたん、関西凄腕ミュージシャンの皆々様が、「なんやー、バンド出身かー!」なんていって「ほな!」って感じで一気になごんだのです。 家に帰って松永さんにその一部始終を報告すると、松永さんも「そーかー、バンド出身でそんなに盛り上がるかー!」なんていいながらその日にお会いしたミュージシャンの皆様について、ニコニコしながら私が呑んで失礼しないよう(笑)いろいろ教えてくれたのです。 長々と語りましたが、私は時々思うのです。私はバンド出身なのです。だからどーしてもバンドというものに向かってしまうのです。 今名義上は松永希ソロではありますが、バンドなんだな。昨年の暮れにアンディことアンドウケンジロウ投入で、4人になり、エンジニア小俣さんと共に5人で活動しやっとこさツアーにでて、またバンド始められたなーと思います。



みんなでわー!と乗っかったり、ふざけたり、グッと引き締まったり、深いところにはまっていったり、今のなんだったの?と不思議な世界に入ったり。 作った曲が空気に触れて5人で一体になって外の世界に送り出していくような、どこまでも遠くへ行けるようなね。 松永さんに音楽のことで悩みを相談すると、だいたいいつも、「のんちゃんみたいな奴でもできるのが音楽のいいところ、懐の深さなんだよ。」とか「お前みたいな奴は調子に乗ってなんぼなんだよ」 なんて言われて、「あれ?君は素晴らしいよ」とか言わないのか?なんて思いながらも、なんか納得したなー(笑) このバンド、私を調子に乗らせてくれ、戒めてもくれます!「なるようにしかならない」と「適当に」は私達夫婦の家訓ですが、なるようになってきたのかも? 新曲「ふらふら」も育ってきました。今井忍、ロケット・マツ、アンドウケンジロウ、小俣さん、そして私達の演奏を笑ったり泣いたりしながら聞いてくださる皆様のおかげです。 松竹谷清さんの名言「かてーこと言うなよ、音楽好きなんだろ!」も胸に響く台風前、選挙前の温かいよるになりました。 なんだかしみじみ書いちゃったなー、昨日のライブでひと段落してちょっとホッとした中年働き者松永希の独り言でした。 写真は最近お知り合いになれた素敵な女性の慶さんが撮影してくれました。集合写真は沢田節子さまから届き次第アップしたいと思います。 ライブの後のショットは、マツさん帰り際に「山手線止まってるよ!」と悪趣味な冗談を言い、軽く私にキレられてる名優綾田俊樹さん(笑)
今月の27.28は綾田さん一人芝居にロケット・マツ一人ピアノの共演です。ラカーニャです。きてねー! そして、小笠原へいくぞー!の男子組。
最近安宅さんとアンディとあんさんのおかげで友達になった江口くん!『江口優」とかわいいおくさんサッチモ!

遠くから来てくれたみなさまも、ほんとにほんとにありがとう!!
| ライブ報告 | 01:10 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
師匠、お疲れさまです。石田組として師匠のライブに参加した中で、21日のライブがこれまでで一番よかったです。
アンディーさんが入ってから、バンドがフルカラーになったように思います。このメンツだったら、何でもいけそうって感じです。
歌っているときの師匠はやはり楽しそうです。
またすぐに聞かせてください。

空から、「師匠、Boninの島ずっとうたってや」って言ってますよ、きっと!
| clap461 | 2017/11/17 1:01 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.matsunaganozomi.com/trackback/1343977
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECOMMEND
ひとつ
ひとつ (JUGEMレビュー »)
リングリンクス
RECOMMEND
Kobune
Kobune (JUGEMレビュー »)
リングリンクス
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE